お客様の側に立って考え、長年の実績に基づき助言・提案。お客様の側に立って考え、長年の実績に基づき助言・提案。そしてカタチにします。
FAQ
会社概要
お問い合せ
ギャラリー
HOME

パッケージ

制作の流れ

パッケージ 完成品


依頼
クライアントより「こんな商材があるのだが、どう展開して売っていこう。」との依頼を受ける。

社内検討及びデザイン
検討内容
商品の持ち味、一番わかりやすい使い方は何だ。
ひと目で伝わるネーミング。
存在感のあるキャラクター。
エンドユーザーである主婦に受け入れやすいコピー。
商品の新期性を訴求するキャッチ。
など
これらをラフスケッチ上で整理し、まとめる。
図
出来上がったロゴやキャッチコピーを用いて、デザイン案を起こす。
デザイン案の中から数点に絞り、さらに練り直す。
図
こだわり 店頭にて消費者にパッと目につくものにする。今回は特に商品の持ち味を最大限にアピールできるようなパッケージにする事をクライアントに提案。
その為に、商品の特性を活かしたネーミングやキャラクターに腐心した。

プレゼン 図

細部デザイン
表面以外の全体のデザインをまとめる。
修正
決定したデザイン案の色合いなどの修整を行う。
図

データ入稿・色校正
クライアントの承認後、印刷するためのデータを整える。データ入稿後、色校正により、イメージ通りの色に仕上がっているか、データ作成上のミスはないかなどのチェックを行う。

納品
実際のグラビア個装袋ができしだい、刷り上がりのチェックを行う。
図

関連商品